政治家、官僚、企業主、みんな親戚の巻 『私物国家』より

阿修羅掲示板より


政治家、官僚、企業主、みんな親戚の巻


http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/103.html


http://www.asyura2.com/tv13.htm
凄いこと、大人は皆、知っているのですね。本当のこと。


◆政治家、官僚、企業主、みんな親戚の巻



あなたが仮に大金持ちで、大きい会社の社長で、政治家の多くは親戚で、官僚
の多くは親戚で、裁判官の多くは親戚だという家系に生まれたとしましょう。
あなたはいわゆる名家のご子息です。でも安穏として入られません。あなたに
はたくさんの役割があるのですから。

あなたは、生まれながらにして、権力を手に入れることが決められています。

あなたは、有名な大学に入らなければなりません。でも、大丈夫。問題を作る
人も親戚ですから、おとうさんがなんとかしてくれます。

大学に卒業するまでには、自分の進路を決めないといけません。政治家か、官
僚か、会社の社長か。あなたは長男ですから、会社の社長がいいでしょう。次
男は官僚にします。

次男は、官僚になるために、勉強をしなければいけません。でも大丈夫。おじ
さんの親戚が問題を作る人ですから、問題なく官僚になれます。基本的に裏口
入学が暴露されるのは、親戚でも無いのにそれをやろうとするからです。親族
で固めれば何をやっても大丈夫。心配ありません。

あなたは、まず、政治家の娘か、あるいは他の会社の社長の娘と政略結婚をし
なければなりません。そのようにしないと親の利権を受け継ぐことができない
のです。政略結婚によって、あなたの地位は一段と揺るぎがたいものになりま
す。

さて、あなたは会社の社長になりました。土建屋がいいでしょう。100億の
プロジェクトもありますから。仕事は公共事業が良いでしょう。お客が国です
からたくさん取れますね。

入札で金額を決めなくてはなりません。でもだいじょうぶ。官僚なんて安い金
で買えますから。5000万円で100億のプロジェクトが受注できるなら安
いものです。きちんと談合システムもできあがっていますからあなたが苦労す
る必要は無いのです。談合で値段をつり上げて、同業他社持ち回りで仕事を受
ける。日本全国どこの入札もきちんとこのシステムができあがっています。例
外はほとんどありません。

================================================================
知り合いのつとめるある会社では、同日に複数の入札が有ったので、仕方が無
いから3年先輩が入札に行って来ました。そのときは、他社が取ることに決ま
っていた入札でした。1度目の入札の値段と、2度目の入札の値段がきちんと
決められており、間違ってその仕事を取ってしまうと大変ですから、非常に緊
張したそうです。で、何事も無かったように、予定された価格で落札されたそ
うです。

普通、入札の前には、役所から電話が来ます。「これこれの仕事は、この値段
で。」このときの価格は、企業にきちんと利益を載せた価格が提示されます。
きちんと企業側の価格マニュアルがお役所に備え付けてありますから、こちら
で再見積をする必要もありません。同業他社で、順番に仕事を割り振ります。

役所にはそれなりの賄賂が必要なのではないかとご心配は無用です。役人はそ
のときはただでそうしてくれることに決まっているのです。あなたの会社に仕
事がないから新聞・雑誌を見ている役所を退職した人がいるでしょう。その人
が昔、そうしてくれていた役人なのです。その年収・退職金が、時代を超えた
賄賂なのです。気が長い仕事です(笑)。
================================================================

あなたは、日々の企業活動で、ごく普通の事をしただけなのに、それが元で逮
捕されそうです。でも大丈夫。今までそのためにいろいろと金を出してきたの
ですから。まず、親戚の議員に連絡を取ります。検察に圧力を掛けてもらいま
しょう。あなたは大物ですから、適当な小物を逮捕させて、そこで終わりとい
うことで手を打ちましょう。その小物にはあとでお小遣いをあげるのを忘れず
に。あなたは名家ですから、そういう事件の矢面には立たなくてもよいので
す。

三男は、有名な銀行家の娘と結婚して、大銀行の役員です。最近、不良債権が
どうしようもなくなって、大変です。あのときは、何をやっても儲かったの
で、自分の懐にも10年分、20年分の利益を入れましたが、赤字だからっ
て、それを出す道理もありませんよね。自分のものは自分のもの。自分の会社
の赤字、不良債権は、公的資金すなわち国民の税金でまかないましょう。え、
そんなことできるんですか?ってだいじょうぶ、だいじょうぶ。大蔵省の人脈
が生きてくるのです。退職後、あなたの会社に天下りしてもらって、年収3千
万、退職金5千万のはした金で10億、20億ただでもらえますよ。安いもの
です。

普通、そんなことしたら税金を払う人は怒りそうですが、大丈夫。なんのため
に教育していると思っているんですか?おかみのいうことには絶対文句は言わ
せない。と言う教育を徹底してるじゃないですか。

基本的に1人1人なんて怖くありません。なんの力もありません。団体組織と
なって主張しなければなんの力もないじゃないですか。そして、団体活動とは
少し頭がおかしい人たちである。一人の考えで一人で行動するのが一番いいの
である。と教えておけば、その通り。労働者の教育は大切です。小さいうちか
らきちんとしつけ、「教育」していますから全然心配ありません。

団体になったって、怖くありません。右翼や、暴力団なんてはした金を付け届
けておけばしっぽフリフリ付いてきますよ。それに右翼や暴力団だって、あな
たの親戚なんですよ。表も裏も、両方あなたの味方です。

親戚のおじさんが文部省でがんばっています。みんな親戚。仲間じゃないです
か。こんなときこそ、親戚一同力を合わせて、国の金をかすめ取るのです。い
え、あなたはそんな意識も持つことは無いでしょう。みんなあなたたち親戚の
管理下にあるのですから、かすめ取るもなにも、当然の事をするだけです。

国民という、あなたたち親戚のための労働者には、ある程度の餌を与えておけ
ば何もいいませんから。

◆参考図書

私物国家 日本の黒幕の系図 広瀬隆 光文社 1800円

第五章 行政改革とビックバンの怪
・大蔵省はなぜ解体されないか - 行革にひそむ裏方の陰謀
 など、

オウム事件はわたしたちの目の前でおこった。その時代にわたしたちは生きて
いる。しかし、目の前でおこったはずのオウム事件についてわたしたちは何を
知っているだろう。
http://www.asyura.com/nazo0.htm 裁判編は詳細な情報を
入手したので、そのうち(時間がある時に)更新します。

目の前でおこっていると思っているのは実は、「目の前のテレビに写っている
こと」でしかないのではないか。

そのテレビというものを通して見た画像と音は、矯正され、確かにそこにある
画像と音なのだが、ハリウッドの映画のように、いかようにも私たちの心を操
作することができるし、また、そのようにしている。

行政改革がよく取り上げられている。テレビだけでは、その真実の姿に迫るに
はあまりにも情報が偏りすぎている。テレビというのは大本営発表でしかない
のだ。全勝、全勝。被害軽微。そしていつしか取り返しが付かないほどになっ
ている。

この参考書は、行政改革の参考書としても使えるが、今、私たちの周りが実は
どうなっているのか。理解する助けに必ずなると思います。


【帯より】start========================================================
「税金を私物化した金融集団…議事堂を乗っ取るグループがここにある!

日本の経済に、いま何が起こっているか

◎本書は、わが国の中枢部の人脈から発生したほぼ20年間にわたる事件、と
くに数々の利権がからんだ暗黒事件を追跡したものである。

◎不良債権など、日本国民が国家から押しつけられた借金は、一家庭で100
0万円を越える膨大な金額に達した。それを生みだした原因は、歴史的人脈に
あった。

◎「野村証券・第一勧銀の総会屋事件」の背後から、全く関係ないと思われる
「泉井事件」の人脈が登場するように、すでにほとんどの人が忘れつつある
「ロッキード事件」「リクルート事件」「東京佐川急便事件」など数々の過去
の事件と、ほんの昨日の「厚生省スキャンダル」や「住専不良債権問題」な
ど、霞ヶ関と政界・金融証券業界を揺るがしている不祥事とのあいだには、こ
れまで気づかなかった密接なつながりがある…

【帯より】end==========================================================

事件は、必ず、単体で放送され、(そう、放送されるのだ。放送と、新聞しか
私たちは情報を得られない、事になっているのだ。なんと!)それぞれの関連
は、無いように、あるいはわからないようにされている。



私物国家―日本の黒幕の系図 (知恵の森文庫)




モバイルからはこちら




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスケー

Author:ラスケー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR