衝撃!アメリカなどの911真実追究運動もロスチャイルドらがやっている?

アメリカなどの911真実追究運動もロスチャイルドらがやっているという情報あります
広く情報を集め、ご自分の頭で考えてご判断ください


失われた環:「ユダヤ」犯罪ネットワークが9/11を実行した

http://satehate.exblog.jp/15766646/

一部転載(写真が転載できなかったので、内容は上記の元ブログでご覧ください)

騙されてはいけない!

まさに当初から、いわゆる9.11真実運動は、別名(訳注:「単に」)ジョージ・ブッシュと彼の仲間たちが9.11を実行したと言う人々としても知られているが、最終的には、その卑劣な攻撃を行ったのと同じ人々によって主導されまたコントロールされてきた。

もちろん、モサド/ユダヤ人たちがツインタワーと第7ビルを爆破した後に、彼らは、彼らが制御する主流メディアに、すべての非難を、ある縫いぐるみ、洞窟に住み、カッターナイフを振り回す、アル・カイダ(つまりトイレ)として知られるアラブ人たちのせいに固定する任務を割り振った。

アメリカ市民として知られている過剰に洗脳された畜牛たちでさえ、この愚かな作り話に彼らの疑問を持ち始めた時に、ユダヤ人たちは慌てて、「反対意見を制御する」彼らの試された真の方法に戻った。

ユダヤ人たちは、非難を誰であれイスラエル、モサド、そしてユダヤ人たち以外に逸らす心づもりの彼らの工作員たちをその運動の舵取りにしっかりと配属しながら、大規模な「911陰謀理論」運動を開始させた。


この運動の中の鍵となる人物たちの幾人かを再検討してみよう。それはディスインフォメーション(虚報・偽情報)工作員として知られる。彼らは、911の背後に本当は誰がいたかについての真実をさらに隠蔽するために、意図的にあるいは無意識に、積極的にあるいは不本意ながら、ユダヤ人たちのために働いている。

アレックス・ジョーンズ[Alex Jones]-恐らくいわゆる911真実運動と呼ばれる中で最も著名な人物。

ジョーンズは、多くのユダヤ教の食事規定に従った食品(コーシャ[kosher])認定、底辺に飼料を与える偽情報映画を制作、例えば:Terrorstorm, Endgame, and 9/11 road to Tyranny。 これらの無価値の映画は、コーシャ認定である。なぜなら、彼らは決してユダヤ人たちに言及しないからである。(訳注:最高の偽情報は最低90%の真実付き。「イスラエル/ユダヤ人」問題以外は、「無価値」ではないと思います。)

2006年に彼が作ったラジオ放送で、アレックス・ジョーンズは述べた。 

「みなさん、私は研究をしてきた、イスラエルはこれらの[911]攻撃を実行できなかった。」

ジョーンズはいくつかの確立されたコネクションを有している。それは明らかに、彼が本当は誰の側にいるかを説明している。

第一に、我々は彼の妻は実際ユダヤ人であるという告発を有している。これだけでも、彼のユダヤ人たちとその策謀の存在の猛烈な否認を説明するだろう。

第二は、彼のスポンサーの大部分はまたユダヤ人たちであるという、圧倒的な事実。

第三は、彼が、世界で最も著名なユダヤ人一族の一人、エドガー・ブロンフマン・ジュニア[Edgar Bronfman Jr]の

妹であるホリー・ブロンフマン・レフ[Holly Bronfman Lev]と同じ弁護士を共有するという一つの驚くべき発見。

このことを彼が「ハリウッドに多くのユダヤ人の友人たち」を持っているという彼の自己承認と組み合わせれば、主流メディアによる彼の大層なプロモーションと相まって、彼は、ユダヤ人に制御されたメディアチェーン店の様相を見せてくる。 それはまさに中核に位置し、アレックス・ジョーンズは、ユダヤ人たちのエージェントである。 (訳注:911の犯人たちが「ユダヤ人」で溢れているのは本来隠しようもないくらいであるが、ただ、「ユダヤ人」サイドから、他の悪人たちを指摘してくれるところは、拝聴すれば良いと思う。というわけで、本ブログでは、ジョーンズもオルタもそれなりに取り上げています。これは当方としてはいつものこと。なんとか真理教に陥らねばよいのです。「ユダヤ人」の悪行は、不正に怒れるユダヤ人Brother Nathanael KapnerさんやHenry Makowさん等がよく指摘してくれるのでそちらを読みましょう。)

著名なメンバーのコーシャ911真理運動のより積極的に発言する著名なメンバーの一人は、いわゆる「情報戦士」のジェイソン・バーマス[Jason Bermas]である。 このピエロはユダヤ人で、躍起になってユダヤ人の存在を否定している。

どうやらそれは「グローバリスト」あるいは「ビルダーバーグ・グループ」である。 (訳注:それらの中核が「ユダヤ人」なので笑えるが、とにかく「ユダヤ人」のときも「通名」にして「ユダヤ人」と言わなければよいようです。ポルトガル人、ギリシア人、オランダ人、ベルギー人、ロシア人、イエメン人・・・・・・)

バーマスはアレックス・ジョーンズの哀れを誘うお気に入り子分で、そしてGCNでアレックス・ジョーンズによる彼自身のショーを与えられていさえする。


バーマスはまた、映画Loose Changeの共同制作者でかつ調査員である。 それは、イスラエル、モサド、あるいはユダヤ人たちに、どの3本の映画中も一度たりとも言及しない、見え透いたユダヤ人のプロパガンダである。

バーマスが、ユダヤ人ディラン・エイヴリー(アヴェリー)[Dylan Avery]

と供に制作した、これらの3本の映画は、ミネアポリスの億万長者ユダヤ人サイモン一族と結婚したデボラ・サイモン[Deborah Simon]という名前のユダヤ女性と関係しており、彼女によってプロモートされた。

その家族の長、メル・サイモン[Mel Simon]は、

9.11で大儲けした2名の犯罪的WTC経営者であるユダヤ人ラリー・シルバースタイン[Larry Silverstein]及びフランク・ローリー[Frank Lowy]と常なる商取引を行ってきていた。

バーマスと彼のコーシャ指導者アレックス・ジョーンズは、誤ったあるいは偽の物語を彼らのウェブサイトに載せていること、そして一度も彼らはその物語を確認あるいは認証することを試みなかったことを、複数回暴露されてきた。

「これらの着信音を買って下さい、新世界秩序を打ち負かすのを助けるために!」-ジェイソン・バーマス
ウェブスター・タープリー[Webster Tarpley]は、コーシャ真理運動の一人の中心人物であってきた、そして『9/11 Synthetic Terror: Made in the USA』と呼ばれる本を書いた。

タープリーは、ブッシュとチェイニーが9/11を画策指揮したという、コーシャ版真理の断固たる支持者である;少しの言及もない。彼が作品と記事でイスラエルとユダヤ人たちに対してなした言及は。  タープリーは、ユダヤ人にコントロールされた主流メディア・ネットワークCNN、FOX、そしてNBC上で、数多く出演してきた。主流メディアに乗ることは、ユダヤ人が彼のメッセージを承認している明白なサインである。

ルーク・ルドコフスキー[Luke Rudkowski]とWe Are Change

9/11真理運動[9/11 Truth movement]の中で、もっとも広告された人物の一人が、ルーク・ルドコフスキーと彼の組織We Are Changeであってきた。

ルドコフスキーは一人のユダヤ人で、彼は過去4-5年間、「9/11 was an inside job」を一日中叫び続けることによって世界の気を散らした鍵となる人物の一人であった。

ビルダーバーグ・グループの会議への政治家たちの出席について彼らに嫌がらせをしながら、このピエロは、あえてユダヤ人たちに言及する人々を彼のウェブサイトで禁ずることで知られている。 そして彼は、両者とも偽情報を流す工作員アレックス・ジョーンズとLoose Changeの親しい仲間である。彼は正しくそこに当てはまる。

このユダヤ人にコントロールされた異議を唱える権力構造は、アレックス・ジョーンズを筆頭として、Loose ChangeとWe Are Changeを両翼としている。

彼らの下には、上記の囮が呪文で呼び出すことが出来るなんであれ受け入れ、そして疑うことを知らない畜牛に対するこの不自然な戯言をオウムのように繰り返す洗脳されたおたくの子分の大群がいる。  
彼らは、確かに人々を注意散漫にし、そして来るべき何年間も、取るに足りない問題にくぎ付けにする。

マイク・バーガー[Mike Berger]-このいわゆる9/11真実活動家は、まさに最初から異議をコントロールしようと努めた鍵となるユダヤ人たちの一人である。

彼は、コーシャ911truth.orgウェブサイトの運営委員会のメンバーである。

バーガーと彼の仲間達は、ツインタワーと第7ビルの取り壊しと同様にその攻撃にイスラエル/ユダヤ人が関与した証拠から人々を遠ざけるよう操縦することに努めてきた。バーガーは、アレックスがイスラエルはその攻撃を実行できなかったと述べたときの、アレックス・ジョーンズ・ショーのゲストであった。バーガーは、これが言われている背景でくすくす笑うのを聞かれている。 バーガーはまた、ウェブスター・タープリーとアレックス・ジョーンズがチャーリー・シーン[Charlie Sheen]の9/11についての発言を議論していたときの同じCNN Showbiz Tonight episodeのゲストだった。


ジョン・ゴールド[Jon Gold]

このユダヤ人のいわゆる「真理」活動家は、上記911truth.orgの諮問委員会のメンバーである。そして、もう一つのコーシャ・サイト911blogger.comの共同設立者である。

ジョン・ゴールドは結構前から、異議をコントロールしてきた。9/11でのいかなるイスラエル/ユダヤ人の役割も否定するのと同様に、9/11の真実がどのようなものであるべきかかについての規範を作成して。

彼は、ツインタワーと第7ビルの崩壊の原因としての制御解体の「あまりに多すぎる議論」のただ中、自分の911blogger.comからの脱却を発表した。彼は後に、静かに管理者名「reprehenser」の下に、黙って復帰した、そして後にこの映画について躍起になって、911blogger上で攻撃するに至った。

ここに、このユダヤ人の制御異議嘘つきのYouTubeページがある:
http://www.youtube.com/user/Gold9472


ここに、もう一つのジョン・「ゴールド」と彼のユダヤ人仲間たちがあなたに知ってほしくない歴史上の出来事がある:
http://www.theholohoax.com/


ジョナサン・エリノフ[Jonathan Elinoff] -このWeAreChangeコロラドの活動家は、Core Of Corruptionと呼ばれる、いわゆるグローバルな陰謀を実証する一連の映画の制作者である。

これらの映画は、9/11攻撃におけるイスラエル/ユダヤ人たちの役割を厳しく控えめに演じ、そしてこのウェブサイト上で立証された証拠の10分の1さえも言及しない。この栓でふさごうとする大馬鹿者は、確かにユダヤ人一族に由来し、そしてユダヤ人たちを世界犯罪の犯罪的刑事被告人たちとして標的にするものは誰であれ攻撃している。

エリノフはまたさらに、なぜMissing Linksで提示された証拠がCore Of Corruptionの中では言及されていないのかを問い始めた人間の無意識の支持者に対する不快な言葉遣いの連発をもって、Missing Linksとその制作者たちの攻撃に及んだ。

彼はまた、マイケル・コリンズ・パイパー[Michael Collins Piper]と彼のすぐれた本『Final Judgment』を攻撃する、哀れを誘うダメージコントロール記事も書いている。 その本は、JFK暗殺がユダヤ人/モサド殺人であったと検証している。

彼はアレックス・ジョーンズとLoose Change仲間と強い関わりを持つ;かつて彼らのサイトのウェブマスターであった。


ジム・マーズ[Jim Marrs]

「陰謀」運動における長期にわたる人物、そしてJFK暗殺からUFO、秘密結社、9/11まであらゆることについての多数の陰謀本人気作家。彼は、工作員アレックス・ジョーンズによって、異論をコントロールするために彼のラジオ番組で数十回現れながら、濃密に宣伝促進されている。

彼はまた、ジョージ・ヌーリー[George Noory]

とともに、Coast to Coast AMに多数回出演してきた。

マーズは、あえて9 / 11は「inside job」だった物語から逸れることはせず、ユダヤ人のことになると記憶喪失を患っている。 彼の作品のどれであれ、どこでも、その問題を議論するいかなる時間も捧げたことはない。

マーズは、『The Rise of the Fourth Reich』と呼ばれるばかげたユダヤ人の宣伝本の著者である。その本は、ナチたちは第二次世界大戦中破壊されておらず、しかし戦争の終結以来、著名ファミリー、秘密結社、そして金融機関を手段として、世界をファシストの帝国に変える目標を持って、ゆっくりとアメリカのコントロールを得てきているというばかげたアイデアを促進している。この本は、マーズにとって棺の中の爪である、明らかに彼はユダヤ人たちの策謀を隠すことを助ける一つのツールである。 (訳注:残念ながら、ここでの、「ばかげた」は疑問のある記述である。この本はおおむね正しいことを言っていると思う。しかし、この説には、ナチをコントロールしていた(いる)のは、イルミナティ・ユダヤ人であるということを付け加えなければ、歪曲に終わるのも事実である。お偉方は、ナチにして部分ユダヤ人であることが、異常に多いという現実を言わねば、どちらのサイドも片手落ち。ただ、「ユダヤ人」を出さないでナチ、ナチとだけ言って誤魔化すのが好きな人もいるので、それを指摘したい点は理解できる。ナチを[「ユダヤ人」に敵対する]ナチとだけいっておくお芝居につきあい続ければ、「許される」のが現実である。)


デイブ・フォン・クライスト[Dave Von Kleist]

この7-8年間の9/11「真実」運動のやや顕著なメンバー、フォン・クライストは完全にそして徹底的にコーシャである。彼が名声を得た主張は、ブッシュ大統領と彼の仲間たちが攻撃に対する責任を負うという理論を推進した、『In Plane Sight』と呼ばれる9/11映画である。彼のユダヤ人関与否認は、ユダヤ人たちの無意識の道具と呼ばれる栄誉に彼を列する。 (訳注:これも、ナチ・ブッシュ家が部分ユダヤ人で、「ユダヤ人」の共謀仲間と付け加えればよろしい)

もちろん、これらの他にも、イスラエル/ユダヤ人の9/11攻撃を隠蔽するため、ユダヤ人たちのために、あるいはさもなくば助力するために、故意にあるいは無意識に働いている多数の人々がいるが、ここで取り上げるには単にあまりに多すぎる。


元記事は

Jews did 9/11
http://jewishcrimenetworkdid911.blogspot.com/


転載終わり 

もし良い記事と思っていただけたなら、転載、リンクなど拡散希望 

許可とかは全くいりませんよ、記事を拡散してもらうためにブログをやっていますので…

コメント、メッセージなどいただけると励みになります



映画『ZERO:9/11の虚構のテーマ』の日本語字幕版がYoutubeにあります!日本国民全員に転載、拡散希望
ZERO 9/11の調査報告 1/9 日本語字幕版



http://www.youtube.com/watch?v=8AYb77_2Tk8&p=14784B044B9BEFBD

よろしければ、ぽちっとお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マイクロアドはじめました
たいしたお金にならないと思いますがプロバイダー代の足しになればと思います
右のPRの下のMicroadの2段の広告をクリックいただくと1クリックにつき私のブログランクだと4円になるそうです どなたかクリックしていただいて現在21円ですニコニコ
マイクロアドhttp://www.microad.jp/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■トカゲが

尻尾を切って逃げようとしているんですかね?尻尾にされる人達はたまったものではないけど、手の汚れている人達でしょうね。

あまりにも大勢の人が感心を持ち始めたので、情報を混乱させて
感心を持っている人達を呆れさせ
興味を失わさせる
大作戦って所かな?!(´Д`;)

情報が混乱してくるって事はアイツラが介入しているって事ですね。追い詰められている証拠かな?

混乱させられるのOK!大歓迎!どこかで誰かが悪だくみをしているって事からは目を背けません!(笑)こんな日が来ることくらい100も承知だよ~んだ(笑)

戦争がこの世から無くならい限り、武器商人がビジネスを辞めない限り、

2 ■テロの目的

(=⌒▽⌒=)
はじめまして、すべてのブログの内容は見ていませんが英米の内部犯行の可能性があります。テロをやらせてイラクに侵攻しましたがアメリカは利権を手に入れないで占領政策を放棄しました。アフガンも同じ結果でしょう。

アメリカの資本家層はアメリカとイギリスの世界覇権構造を破壊しようとしているよう思えます。敵を攻撃するといいながらやりすぎて見方に損害を与える。イスラエルやイギリスはアメリカの資本家層に陥れられたのではないでしょうか?英米の派遣をコントロールすることができるイギリスとイスラエルを密かに潰して米は謙を崩壊させる。その後世界が多極化して投資先が増えるので資本家が儲かるというシナリオです。英米の覇権崩壊はアメリカの資本家層にとって有益なのです。
プロフィール

ラスケー

Author:ラスケー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR