911の真実を求める日本の科学者の会 設立宣言


「朝日新聞社への公開質問状」と「911の真実を求める日本の科学者の会 設立宣言」
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/227.html

転載開始

昨日、「911事件検証@京都大学」に行ってきました。帰ってから眠いのを圧して投稿原稿を書いていたら、手違いで完成間際に消してしまっていた、残念無念。

そこで取り急ぎ、プログラムの最後に西牟田教授が発表された「朝日新聞社への公開質問状」と「911の真実を求める日本の科学者の会 設立宣言」を転載しておこう。

―――――――――転載始まる―――――――――

朝日新聞社への公開質問状

2010年4月18日 911事件検証@京都大学会場にて
               京都大学教授・西牟田祐ニ、長崎大学教授戸田清

わたくしたちは、大野博人論説委員の執筆による2010年3月23日付の「窓」欄で示された文章は当然貴社の見解であったと判断し、同内容に閲し、公開で質問いたします。

①フランス人ジャーナリストのティエリ・メサン氏によって提示され、その後アメリカの独立系ラジオ番組のホストで映像作家のデイヴ・ヴオンクライスト氏によって補われた追加資料を含む画像や映像資料の吟味・分析に基づいて出された「2001年9月11日にべンタゴンに衝突した物体はボーイング757型旅客機ではない」という主張を、事実上大野委員は「窓」の文章の中で、メサン氏が現場に行っていないことを理由に否定されました。大野委員はご自身で上記の映像資料を検討されたのでしょうか? 2010年4月18日京都大学法経7番教室において当該映像資料を再度吟味・検討した京都大学教授西牟田祐二と長崎大学教授戸田清は、この見解は映像資料の吟味・分析自体によって引き出せるもので、見解を持つものが現場を訪れたか否かとは関係がないと結論付けました。
 重ねてお聞きします。大野委員は上記に特定された映像資料をご自身で吟味・検討された上でこの文章を書かれたのでしょうか?もし検討されていないとすれば、この間題について何らかの意見表明を行う場合その検討がぜひ必要であると考えます。

②大野委員は「パリ大学の社会学者は『読者はスパイ小説として消費しただけ。本気で信じていないよ』とさめた見方だった」と書かれています。そのパリ大学の社会学者は具体的に誰ですか? 明確に固有名詞で答えてください。

③大野委員は「『消費』されたはずの陰謀論がまたぞろ話題になる」と書かれています。この文章は、2009年4月に9人の科学者によって発表され、同年12月にはアメリカ合衆国の建築家であり、「911の真実を求める建築家とエンジニアたち」の設立者であるリチャード・ゲイジ氏が日本においても講演によって示されたWTC1、2及び第7ビルについての物的な証拠の発見を踏まえた叙述でしょうか? この2009年において提示された新たな物的証拠を踏まえているかどうかについて、明確にお答えください。

④大野委員は、「最近、米有力紙が社説で、日本の民主党参院議員に、9・11陰謀説の信奉者だとかみついた」と書かれています。この文章を書くにあたって大野委員はここに言う米有力紙の社説内容の信憑性について自ら取材・調査・吟味・検討されたのでしょうか?そうされたか否かについて具体的にお答えください。

以上4つの質問に対し、公開の場(朝日新聞紙上)でお答えください。

―――――――――転載ここまで―――――――――

朝日新聞「窓」の『陰謀論』の全文はこちら(引用部分はポイントを小さくしてある) ⇒

朝日新聞<窓 論説委員から>2010.3.23

~陰謀論~

 「陰謀論」は魅力的だ。

 9・11米国同時多発テロのような歴史的大事件の背景や原因はたいてい気が遠くなるほど複雑だ。何より、次に何が起きるか予測しがたいことが不安をかき立てる。その点、陰謀論はわかりやすい筋書きを提供してくれる。次の展開も読めそうな気にさせてくれる。

 また、超大国の米国が嫌いな人にとって「米国が被害者」の事件は、自分の世界観と合いにくい。そこへ「実は米軍や軍需産業が仕組んだ陰謀」などという話が来れば飛びつきたくもなるのだろう。

 実際、9・11から半年後、米国への対抗意識が強いフランスで、陰謀論を唱えた本がヒットした。その後の陰謀論の「論拠」の多くはすでにそこに書かれている。筆者はニュースサイトを運営するジャーナリスト。会ってみたら、現場には行っていないという。当時、テロ組織アルカイダのビンラディン容疑者自身が犯行を認めるような声明も出していたが「彼も米国の手先なんだ」。

 見過ごせないと、雑誌記者らがあらためて現場取材をし、批判本を出版した。ただ、パリ大学の社会学者は「読者はスパイ小説として消費しただけ。本気で信じていないよ」とさめた見方だった。

 最近、米有力紙が社説で、日本の民主党参院議員に、9・11陰謀説の信奉者だとかみついた。「消費」されたはずの陰謀論がまたぞろ話題になる。ひょっとして、日米関係で何かをたくらむ、だれかの陰謀では……。 <大野博人>

<参照>

朝日新聞による「陰謀論」の利用のしかた
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/661.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 3 月 27 日 01:24:52: SO0fHq1bYvRzo

対テロ戦争で利益を得ているのは誰?/朝日新聞「窓」の『陰謀論』(きくちゆみのブログとポッドキャスト)
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/03/blog-post_26.html

============================================

「911の真実を求める日本の科学者の会 設立宣言」の全文はこちら ⇒

―――――――――転載始まる―――――――――

911の真美を求める日本の科学者の会 設立宣言
                   2010年4月18日

わたくしたち京都大学大学院経済学研究科教授・西牟田祐二と長崎大学環境科学部教授・戸田清は、連名で
ここに911の真実を求める日本の科学者の会」を設立することを宣言する。それは以下の趣旨からである。

1. 今日まで続く「対テロ戦争」の悲惨を見過ごせない。
2. 2001年9ll事件には多くの未解明点が残されている。
3. 諸政府の情報開示の不十分性。
4. 諸政府ではない民間の調査団体の活動が世界的に進展していること。
5. 24名の日本人犠牲者を出しているのに日本政府の独立の対応が見られない。
6. 911事件の諸側面の軽合的性格ゆえ、未解明点は、自然科学的、社会科学的、人文科学的諸分析の総合によってのみ解明に至りうる。
7. 6ゆえに大学人こそこの問題の究明に職責を負っていると考えられること。

以上の親点から、諸政府に対する情報公開運動を中心的活動として含む911事件の総合科学的究明のための結社として、
わたくしたち2名は、ここに連名で
「911の実美を求める日本の科学者の会」の設立を宣言する。

そして本日ただいまから日本の科学者に多くの賛同者を募る活動を開始することを発表する。

―――――――――転載ここまで―――――――――

宣言が読み上げられると「入るぞ」の声が近くの席からも聞こえてきた。911真相究明の在野の努力が日本でもアカデミズムの世界へとようやく広がろうとしているのだ、そう強く感じた瞬間だった。

 
転載終わり


googleやyoutubeでキーワードを入れて納得いくまで調べてみよう

ブロガーが力を合わせて真実を広めよう 人類の為に転載願います



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■朝日新聞

西牟田先生には応援メッセージと会結成への激励メールを送りました。昨日の参議院会館でのハンス・ブリクス氏の講演も行きました。アメリカがやらかした対テロ戦争でイラクとアフガニスタンでやったことは完全な犯罪である。しかしそれを処罰する法律がない!犯罪であることはハッキリして誰が犯罪者であるかもハッキリしている。でもその犯罪者を罰することができない。残念です。ブッシュ、ブレア、小泉は正真正銘の戦争犯罪人なのに!やはり911を追及する事は大事ですね。すべてはココからです。朝日新聞に公開質問状を送ってくれたことは嬉しいかぎりです。私もどっちが陰謀論者かハッキリさせようじゃないか!と朝日にメールを送っておりましたから。朝日新聞にはジャーナリズムとして真実を報道するちゃんとした機関になってもらいたいですね。

なくなる前に!
プロフィール

ラスケー

Author:ラスケー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR